= 「ドローンと物流」一考察 =

世の中ドローン流行で大騒ぎ、
いわく
  ・ドローンがこれからの物流を大きく変える!
  ・AMZが庫内での商品調達をドローンで!
  ・近い将来宅配便もドローンで運ばれてくる!

と、まるでALMIGHTYなもののような扱いで連日メディアが報じています。
しかし本当でしょうか?

実際ドローンがトラックに代わって宅配便を運ぶでしょうか?
ほんの一部だけそんなことがあるかも知れません、しかし、極めてわずかなものでしょう。

何故なら
ドローンがそのようなことをできるようになるには、いくつもの高いハードル
を越さねばならないのです。
例えば
  ・1人のスタッフが1台のドローンを操作するワケであり、目的地までの障害物
   (電柱、電線、看板、他のドローン)等をどのようにクリアできるのか?
  ・マンション居住者への配達はピンポーンができないがどうするのか、ベランダ
   (バルコニー)に置いて帰る?(受領書の問題もあります)
   しかしベランダには必ず庇があるのでそれ等をうまく避けていくことは大変困難 な業務。

ドローンが期待に応えてくれることを願っていますが、それはいわば「無いものねだり」 といえるでしょう。
ドローンの主な活躍の場は地上からACCESSが困難な地域への天空からの各種調査、緊急支援物資の配布、或いは農地への農薬etc.の散布であり、決して物流分野ではありません。
H.Y